新蓮の葉ブログ

逢坂の蓮ちゃんが日々悶々としていることを書きなぐるブログ

その⑥

大人が嫌い。正しいことを正しいと思ってる、常識が正義だと認識している、権力をかざして踏みつぶす、大人が嫌いだ。

 

 

ある少女が両親に「あんたらみたいなつまらない人生送らない!」と言うシーンがあるドラマを見た。私も中学生の頃は自分の両親に対してなんか楽しくなさそうな人生だなあと思ったことはある。今思えばとても申し訳ないことを思っているような気がするが。

 

しかし、つまらない人生の反対、つまり楽しい人生とはどのようなものなのか?

 

夢を叶えられた人生?幸せになれた人生?苦しまずに死ねた人生?

 

自論であるが、人生とは無意味だと思う。人生に意味を求めたとてそこには何も無い。何のために生きているのかというのは甚だ愚問に感じる。何かの為に生きている人間などいない。何か意味を持って生まれた人間などいない。

 

私にとって楽しい人生などないと思う。人間として生きるということはサービス終了が決まったオンラインゲームをやらされているのと同じだと、私の弟は言っていたが全くその通りだと思う。

 

なんにせよ、私はそういう考えであるため非常に人生がつまらない。

 

本当に楽しい人生とは人生は無意味だと気づかない人生かもしれない。