新蓮の葉ブログ

逢坂の蓮ちゃんが日々悶々としていることを書きなぐるブログ

気持ちにゆとりを

 

恋人と別れたので。

 

気持ちにゆとりがありません。

 

そもそもなぜ人は恋をするのでしょうか?

恋ってなんなんでしょうか?好きになるのは異性です。異性を好きになるのと同性を好きになるのになにか違いがあるのでしょうか?

やはり性愛の違いでしょうか?

この異性を自分のものにしたい!と思う気持ちが恋なのでしょうか?

 

気持ち悪。

 

どうでもいいけど、人生楽しそうな女の子が嫌いです。いや、人生楽しそうな男も嫌いですけど。

 

夢ありますか?って聞かれても、夢なんかないよって本当は答えるつもりだけど、夢見るなら、私の言葉で人生を変えることです。

 

なんにせよ、感情を言葉で表現出来る人って、すごいというか、生きやすそう。大変。

今私がどんな気持ちか、自分でも分からないから、自己表現が苦手。

 

明日も暇、明後日も暇。

暇なことが多くて、私は。

死にたいっていうか、消えたいって言うか、透明になりたいって言うか、過去に戻りたいって言うか、過去に戻ったところで何って感じだけど、辛い感情は時間が経つことでしか癒えないけど。

 

 

自分にないものが羨ましいよ。なにもない。

私は。何があるんだろ。気持ちに余裕がない時ほど、自分を客観的に見ることが出来ない。から、他人の評価が全てになる。それは、自己肯定してあげてる自分がどこか消えてしまうから、他人から評価されている人間は生きていけるんだと思うよ。

 

19歳っていう微妙な年齢を生きてるんだけど、若いといえば若いし、手遅れといえば手遅れ。

だいたい人生の方向性っていうの決まるじゃない?この年になると。大学に入る時点で、結構決まってくるじゃない?

 

私以外のみんなが優秀だから、自分が至極ちっぽけに見える。なんでこんな人間なんだろ。

 

誰にも話したことないことが私にはない。隠してあることがない。というか隠し事が下手くそなのだ。何でもかんでも私のことを知ってほしがるところはまさに精神年齢の低さがでてて嫌になる。

 

バイトを、遅れるって言って、サボりすぎた。

なんでバイト行きたくないのって、分からない。バイトしんどいからかなあ?

 

無意味やなあ。

 

なにしてても、無意味に感じる。

 

許せないことがおおいから、まだ気持ちの整理がついてないみたい。

 

才能のある人

死にたいというと、なんで?って聞かれる、

なんでとか、理由もない、そういう日もあったらダメかなあ。

 

ブランコに乗ってたらしんどくなった、これからバイトなのに、くもりぞらでねてたら晴れてきた、太陽が、邪魔で邪魔で。

 

晴れてきたんだね、今日はそういう日なんだね、全部受け止めてあげるから、私のこともっと分かって。

 

なんで?って。聞かないで。

 

嫌いな人と

 

人間は2割の人は私が何をしても好きでいてくれて6割の人は行動によって変わる人で残りの2割は私が何をしても嫌いっていうのを割と信じてます。

 

友達がいたんです。いい友達でした。なんならこれを見てるかも知れません。それぐらい仲の良い友達でした。

 

私は仲がいいから2割だと思ってたけど実は6割の人だったんですね。って。気づきました。

 

なんにせよ、時間というか、コミュニケーションをとる時間が無くなれば無くなるほどどうでも良くなっていくのは本当なんですね。

 

時間というものは温かいようで残酷です。

時間が全て忘れさせてくれると言いますが本当にそうだと思います。

 

最近、また、恋人ができたので、人生について深く考えることがあまりなくなりました。

それは、このブログを書くことを邪魔するようなことです。語彙力も、使う言葉もおかしいです。

わたしは頭がおかしくなってしまったのです。

 

変わってしまうことは、悪い事だとは思いませんが、すこし、寂しいものです。

ノスタルジーに魅惑されて

 

んんーん。もう2度と人を好きになることないと思ってたけど案外好きになれるんですね。

全部、大人の言う通りな気がします。

 

大人が、こうしろとか、ああしろとか、わかります。そうした方が私もきっと幸せになれるし向こうも喜ぶのはわかります。

 

でも、私の人生なかったようなもんじゃないですか?

 

それは大人がひいたレールの上で、私の人生はもっと曲がってて汚くて棘だらけだったかもしれないのに。

 

なんだか。それも人生なような気がします。